ごあいさつ

すべては患者さまのために

藤田保健衛生大学医学部 外科・緩和医療学講座
教授 東口 髙志

 

当講座は、2003年10月より、外科・緩和ケア・栄養サポートチーム(NST)を主軸として活動を開始しました。
これら3つを軸として、診療・教育・研究を一貫して実践することに努めていきたいと思っております。
緩和ケアチームと緩和ケア病棟が一体化して活動するとともに、代謝・栄養学を駆使した、精神(こころ)にも身体(からだ)にも優しい緩和ケアを実践します。

 “すべては患者さまのために”をスローガンに、最高の緩和医療、緩和ケアを提供すべくスタッフ全員が力を合わせ、終末期がん患者さまが一人の人間(ヒト)としてしっかりと大地に立ち、ご自分の一生を良き人生であったと納得され、そして満足していただけるよう日々邁進しております。

講座の8本柱

  • 1.癒し環境の提供
  • 2.全人的医療の実践
  • 3.緩和ケアNSTの推進
  • 4.コミュニティ(相補的支援システム)の構築
  • 5.腫瘍学の導入
  • 6.自立型地域連携の創設
  • 7.情報共有と発信力の強化
  • 8.幸せな人生の提示(劇場型緩和ケアの開発)

藤田保健衛生大学医学部 外科・緩和医療学講座の8本柱の詳細はこちら